イタリア関連,  文化・芸能

#012 肌で感じるイタリアの文化と習慣

Ciao Tutti!

みなさま。新年いかがお過ごしでしょうか。

12月は師走とういだけに本当にあっという間に時間が過ぎました。1月も一週間ほど過ぎましたね。初夢は見ましたか。一富士、二鷹、三茄子とも言いますよね。私は何を見たか忘れてしましましたが無事に平和に健康に暮らせたらいいなと思います。

みなさまはどうですか?

個人的にですが2018年は本当に本当に早く過ぎてとてもびっくりしています。

年を重ねるごとに一年が早くなるなんて言いますが本当ですね。特に自分がしたいことをしているととても早く感じますよね。

最近私は少しずつイタリアの文化にも慣れてきたかなと思いつつ、まだ難しいなと思うこと等もあります。今回は実際に肌で感じたイタリアの文化や習慣をちょこっと紹介したいと思います。


カフェ文化

今日のカプチーノ

最近私は少しずつイタリアの文化にも慣れてきたかなと思いつつ、まだ難しいなと思うこと等もあります。今回は実際に肌で感じたイタリアの文化や習慣をちょこっと紹介したいと思います。

まずよく言われているのが、”イタリア人は午後(昼食後)はカプチーノを飲まない” ということです。

イタリアはカフェ文化でよくcaffè(一般にいうエスプレッソ)を飲みます。カプチーノは午前中か朝食時等に飲むもので午後に飲むのはとてもへんみたいです。午後バーなどでカプチーノを頼むのは外国人だけみたいです。その文化で育ってないとカプチーノ飲まないと何を飲めばとなりますが笑。エスプレッソになれればいいのですがまだ私は苦いなと思います。イタリア人はエスプレッソに砂糖1‐3袋入れて飲むみたいです。逆に甘すぎて..とか思ったりしていますがカフェはイタリアの誇れる文化ですね。

つい先日イタリアのミラノに初めてスターバックスができたくらいですからね。でもみんな邪道だなんていう雰囲気があったりします笑

ミラノのスターバックスに行った方からいただいた写真です。中はすごいですね!イタリアの文化も取り合わせているみたいですよ。ピザ等も置いてあるそうです。これからだんだんイタリアのいろんな都市にもできるかもといった噂もありますね

列に並ばない

次は”列には並ばない”とういう文化ですかね。

列はあってないものと一緒です。日本だと並んでいる人の後ろに必ず並びますよね。やはり先に来ている人を優先させてリスペクトがありますよね。でもイタリアではとりあえず早くしたい、周りはほとんど気にしません。全然普通に先に並んでいる人を飛ばします。そして誰も並ぶようになんて促したりしません。真面目に並ぶのが、、、と感じることが正直あります。でも文化なのです。

昔イタリアでツアーに参加した際に、ガイドさんに船に乗る際に並ばずに割り込んで頑張って乗ってくださいと言われました。待ってたらいつまで経っても乗れなくなりますと言っていました。納得です。

でもやはりこの問題については自分が育った日本の文化の方がいいなと思いますので、しっかり自分を持ちつつ、列や他の人のことを考えて行動したいなと思った習慣の1つです。「期待はしないこと!(笑)」と思っておくと割と楽に暮らせるかもしれないですね。


ジェスチャー

またすぐにイメージするのが”ジェスチャー”ですかね。イタリア人は会話の際は必ず大きくジェスチャーを使います。そしてたくさんの種類と意味があります。

むしろ言葉は発さなくてもそのジェスチャーだけで言いたいことがわかったり、言っていることとジェスチャーが違って本当に言いたいことがジェスチャーに隠されているなんても言われています。

意味を知るのも楽しいですし、使うとこを間違えずに使ってみるのも楽しいですね。日本人は真逆でほとんどジェスチャーは使わないですよね。まったく違う文化も面白いですね。


こちらはDOLCE&GABBANAの男性モデルがイタリアのジェスチャーをいくつか表現しています。良かったら面白いので見てみてください!

運転はとても荒いです

イタリアに来てみなさんが感じると思うのは車の運転の荒さですかね。

とても荒いです!ジグザグ運転はもちろん、細道さえもスピードはかなり出します。前後車の車間距離はめちゃめちゃ狭くほぼぴったりくっついているようです。

車と自転車、歩行者との距離もほぼなくとっても慣れるまではドキドキものです。そして至るところでクラクションが鳴っています。少しぼーっとしていたり、へましたことにはクラクションの嵐になることでしょう。

ただ、車の運転は荒いものの危ないながらもきちんと歩行者に止まったりする人もいるからか、事故はとても少ないとのことです。運転レベルには本当にすごいなと感心したことがあります。

また細道なのに大きなバス等本当に上手に右折左折するので、そういった点でも運転スキルの高さを感じます。

また、運転同様面白いと思うのが駐車文化です。街の中心部はあまり駐車場がなく路上が駐車場になっています。フィレンツェでは橋の上も駐車場になったりもしています。

車と車の間もほぼ当たっているか、人が一人通れたらマシなくらいです。それだけではなく彼らはどこでも駐車します。歩道にも当たり前に止めてあります。日本だとすぐに罰金ですね。車も全然洗われていないですし、車の扱い全般が日本と全然違って面白いです。(南の方に行けば行くほどもっとすごいみたいです)

(こちらはヨーロッパとイタリアの違いを表しています。とてもあるあるというか納得してくすっと来ますので是非お時間がある方はこちらもご覧ください!イタリアの文化を少し知ることができると思います!)

今回はここまでです。まだほかにもありますのでまた紹介していきたいと思います!


では本日の一言イタリア語です!

”Verba volant, scripta manent”

[ヴェルバ・ヴォランテ・スクリプタ・マネンテ]


言葉で言うだけではただ言うだけになり、紙に書くとちゃんと残る

このことわざはラテン語なのですが、イタリア人に今でもよく使われている言葉だそうです。本当に大事な約束事などはきちんと紙に書いて約束したことを忘れないようにするときに使われるそうです。書いたことは嘘をつかず証拠になりますので、おおらかなイタリア人の性格を表す一面もあることわざなのかもしれないですね。日本でも一筆書いておいてなんて言ったりもしますよね。ことわざは短い言葉にたくさんの意味や習慣、背景となる文化が含まれているので面白いですね!


本日も読んでくださりありがとうございました。リクエストやお問い合わせ等ございましたらお気楽にご連絡ください。

では、
Sogni d’oro xxx